Blog

返済中の過払い請求

過払い金があると分かったら、なるべく早く対応をしなくてはいけません。過払い金は10年を時効の期間として定めており、それを過ぎてしまうと回収がほとんど不可能になってしまうそうです。また、貸金業者が倒産してしまった場合にも、別会社と合併や吸収という形でない限り過払い金は回収できなくなってしまいます。過払い金回収が可能になってから賃金業者の経営が傾いてしまったという場合も珍しくなく、倒産に関してはどの会社も起こり得ると考えて良さそうです。過払い金請求は気付いたらなるべく早く行わなくてはなりませんが、ひとつ注意したいのが、現在自分の抱えている借金がどうなっているのかという点です。既に完済を終えているのでしたら、そのまま過払い金請求をしても問題ありません。また、戻ってくる過払い金を借金と相殺して、借金がなくなるという場合も大丈夫だそうです。問題は、「戻ってきた過払い金を充当しても、現在の謝金の元本が相殺しきれない」という場合です。もしも借金が残ってしまう場合は任意整理という扱いになるので、ブラックリストに載る可能性が非常に高くなってしまいます。ブラックリストに載ることで、今後ローンを組む時に何かしらの問題が発生する場合や、新たなクレジットカードの作成が難しくなってしまうことがあるそうです。もし過払い金があったと分かった場合は、まず自分の借金の状況を把握するところから始めた方が良いかもしれません。また、弁護士や司法書士に依頼した場合は、現在の借金の状況を踏まえて請求を行ってくれるところが普通です。もしも自分で判断が付かないのであれば、まずはプロに相談をして、自分が過払い金請求を行えるかどうかをチェックしましょう。