Blog

過払い金の時効

クレジットカードの過払い金に関する時効は、10年となっており、返済を完全に終了した時から、10年後までに請求をしなければ、会社に過払い金を払う義務はなくなってしまうということは、しっかり覚えておく必要があるでしょう。いくら、長年クレジットカードを利用して、最後の最後に全ての過払い金を請求しようなどというふうに考えていたとしても、時効が成立してしまうと裁判を起こしても過払い金を取り戻すことはできないのです。確かに、長い期間利用すればするほど、過払い金は雪だるま式に増えていき、そのぶん戻ってくる金額も、多いという風にも考えられますが、時効に引っかかってしまえば、全てが水の泡になってしまう、ということをよく覚えておくことが、重要であるといえますし、何よりも、一般的な傾向として、過払い金が多くなるほど、クレジットカードのキャッシングを利用している人というのは、複数の会社からキャッシングを行っている場合が多く、複数の会社に過払い金の請求をする場合などは、様々な手続きがかかり、時間もかかるわけですから、時効から逆算して、なるべく早いうちに過払い金の請求をする必要があると言えるのではないでしょうか。しかし、無事に請求することができれば、過払い金が不足なく一気に振り込まれるわけですから、大きな臨時収入になるわけで、苦しい生活を送っている人などにとっては、生活費にプラスできるということにもなりますから、特にお勧めできると言えそうです。とにかく、時効というのは1日過ぎてしまうだけでも成立してしまうものですから、なるべく早く気づいた時点で、カード会社に確認を取り、確認を粘り強く続けていくという姿勢が、何よりも重要であると言えるのではないでしょうか。