Blog

過払金返還請求を依頼する

過払金の返還請求は弁護士や司法書士に頼む人も多いそうです。弁護士の場合は、着手金というものがかかります。着手金とは、事件の最初に支払うお金のことです。そして報奨金というものがあります。報奨金とは事件が終わって支払うお金です。減額できた金額、回収できた過払金の額に応じて支払います。それから実費が必要です。印紙代や切手代、コピー代などさまざまです。たとえば消費者金融会社1社で60万円の回払い金を回収できたとします。この場合は着手金として2万円。報奨金は18万円ほど。合わせて20万円程度が目処だと考えておくとよいようです。司法書士の場合は、着手金無料など宣伝しているところもあるようです。報奨金は20%ほどで実費は必要です。自分でやると実費だけで済むと思いますが、計算をしたり裁判所に行ったりと大変です。その部分を請け負ってくれるので、自分で計算したり消費者金融業者と渡り合うのは無理という人は弁護士や司法書士に頼むのも良いかと思います。弁護士や司法書士などは、役所などが主催する無料の法律相談どを利用するのも良いかと思います。法テラスを利用するのも良いと思います。相談相手の弁護士がやってくれる場合もありますし、このような問題が得意な弁護士を紹介してくれる場合もあります。詐欺もあるそうなので、自分の目で見て自分で考えて行くべきだと思います。裁判になる前に和解を申し込んでくる金融業者もあるそうなのですが、そういう場合も弁護士が対応してくれるそうです。着手金など最初にお金がかかることなどがありますが、この返還請求の訴訟はほぼ勝つので、終わりに精算する話などもできるかもしれません。臆することなく連絡してみましょう。